親なるもの断崖 第2部 感想

第1部では後半部分で、お梅がついに結婚しました。

第2部でようやく幸せになれるのかと思ったら…。

f:id:yuriao9o6:20151005193316j:plain

女郎をやめてもいつまでも苦しみは続く…。

f:id:yuriao9o6:20151005194319j:plain

義母もお梅が女郎をやっていたので、お梅を嫌っていて…。味方は夫だけ。

しかし夫は仕事があるのでいつも一緒にいてくれるわけではない…。

 

f:id:yuriao9o6:20151005194638j:plain

さらにお梅の娘まで周りの人間からひどい扱いを受けます…。

 

f:id:yuriao9o6:20151005194815j:plain

義母に説得され、お梅は娘と別れることになり、姿を消します。

 

その後お梅の娘である道央が物語の中心になります。

f:id:yuriao9o6:20151005195029j:plain

道央は自分の母のことで、ばっちゃんと衝突したりしながらも、ばっちゃんに愛情を貰って、守られながら成長していきます。

 

f:id:yuriao9o6:20151005195118j:plain

 

f:id:yuriao9o6:20151005195541j:plain

 

f:id:yuriao9o6:20151005195557j:plain

f:id:yuriao9o6:20151005195802j:plain

 

そんなばっちゃんも戦争でケガをし亡くなります…。

f:id:yuriao9o6:20151005195736j:plain

第2部では戦争の悲惨さだけでなく、子供たちがどういう教育をされたのかも描かれています。

道央は「親と子が離ればなれになって、お父さんやお兄さんが死んでしまうかもしれないのにどうして万歳って言うの!?」と教室で叫びますが、

先生に「非国民!この聖戦をなんだと思ってる!!」と叩かれるのです。

今では当たり前な考えがこの時代では非国民だったと私は初めて知りました。

 

女性の扱いもひどく、女性の権利のために戦った人たちのことも描かれています。そんな時代で道具として扱われても強く生きていく女性が描かれていました。お梅や武子(お梅と一緒に売られてきた芸妓、第1部の感想で紹介)も戦っていました。

 

 

f:id:yuriao9o6:20151005200835j:plain

その後、道央もまた結婚します。

道央が結婚するころには戦争は終わっていて、子供たちに戦争を伝える時代になっていました。

f:id:yuriao9o6:20151005200920j:plain

さらに売春防止法が施行され遊郭もなくなり、女性の人権もきちんと考えられるようになりました。

親なるもの断崖にはありとあらゆる思いが込められていると思います。平和になる前の時代に生まれ、それでも苦しんで生きた人のお話しですが、それだけじゃ言い表せないほどのたくさんのことを教えてくれます。

一応、内容が大人向けなので、子供には読ませられないかと思います。

 

私の感想は漫画のほんのひと握りなのでぜひ、読んでみてください。